FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ということでマスターコーアクシャル。

om630.jpg

オメガ シーマスター 300
マスター コーアクシャル
Ref. 233.30.41.21.01.001




いやはやいやはや、
気が付けばまたしても困った広告達に
我がブログがやられてしまっているではないですか。

年末年始がバタバタするのは当たり前、
そんな中でいろいろなことを気にかけつつ、

ちゃんと対応していけるだけの能力が
私に備わっていないのが…


なんてここで反省していても仕方ないので
一方的に本題に突入してしまう私を、
どうぞお許しください。


ということで、
前回私はまたしょうもないことに、

このシーマスター300 マスターコーアクシャルという時計をつかまえて
ひたすらにかっこいい、カッコイイ、と書き倒したような気がするのですが、

この外装だけでも結構楽しい時計の、
ムーブメントについて触れない訳にはいくまい、

ついてはやはりマスターコーアクシャルについて
少しだけ書いておかなくては、
と思ってしまったのです。

しかしこれについては、
作り手たるオメガさんがしっかり情報発信しているだけに、
取り急ぎ私がここに繰り返すまでもないと思いつつも

マスターコーアクシャルとは何者かについて
あえてここでまた蒸し返してみるのです。

すなわち、これは何と15,000ガウスもの強力な磁場の中でも
ちゃんと時間を刻めるという時計のことなのではありますが、

15,000ガウスと言いましても
例えば物理学を遠い昔に勉強したことがある私に言わせましても
あまりピンと来るものでは無かったりするのですが、

例えばロレックスさんの耐磁時計であるミルガウス、

この名前の由来は1000ガウス、
すなわち1,000ガウスの磁場に耐えられるということから
付いている名前ということでよろしいのでしょうか。

そしてもう一つ有名な耐磁時計のファミリーである
インターさんのインヂュニア。

多くのインヂュニアの耐磁性能がやはり80,000A/mなのであり、
80,000A/mというのはどうやら1,000ガウスに等しいのであります。

そしてインヂュニアと言えば忘れてはならないマボロシの時計(?)
500,000A/mというものも存在したのです。

これはヒゲゼンマイに特殊な素材を使用することで実現した
驚異的な耐磁性能であったわけですが、

その発売後、
対温度変化に対する特性に関する問題が
やはり無視出来ないレベルであることが発覚してしまったという、

要するに500,000A/mは大いなる失敗作である、
ということになっているのでありまして、

その500,000A/mとは何ガウスかと言いますと、
これがどうやら6,250ガウスのようであり、

すなわちすなわち、
オメガさんによるマスターコーアクシャルというものは、

ミルガウスの何と15倍、
インヂュニア500,000A/mの2.4倍もの
強い磁場に耐えられる耐磁性能を持っている。
ということになるのです。

と言われても、
それがどんなに凄いのか凄くないのか
まだ良く分かったような気がしないのですが、
オメガさんの言うところでは、

「現代的な日常生活における磁場への脅威から
完全なる自由を手に入れた」

ということのようなのであります。

これは既出のシリコン製ヒゲゼンマイなどに加えて、
「ニヴァガウス」なる磁気を決して帯びることはないという
鉄を含んでいないけど、あとは基本的に内緒となっているらしい
謎の合金を使って天真、アンクル(ルビーを除く)、ガンギ車、
ピボット、カナなどを作ったことによるらしく、、、

すなわちムーブメント自体が磁気を帯びるものではないものとしたのです。

ですからムーブメントを特殊なもので覆う必要はなく、
それ故トランスパレント・バックに出来るし、
文字盤に穴を開けて、デイトも付けられる。

これがどれだけ革新的な事か、
思えば涙が出てきそうでありますが、

今でも「スイス時計業界のボス」たるオメガさんは、
決してこの革新を高嶺の花にはしておかないのです。

もちろん、60万円以上もする時計が安いなんて言うつもりはなく、
私のような貧民にはやはり高嶺の花だったりする訳ですが、

スイス時計を買おうかな、と思い立った場合、
多くの人にとって頑張って買えないことはない
値段の範囲内ではないか、と思える価格帯。

別の言い方をしますと、
「ミドルレンジ」なんて表現もあるようですが、

いずれにせよ「買える」価格帯にてこの世紀の大発明を
販売してしまうのです。

初めは高価な限定品にだけ搭載して、
全部売ってから順次一般化していく、

なんてことをすればもっと儲かるだろうに、
オメガさんは決してそうはしない、

オメガさんは偉いのです。


ということで私の身の回りにも、
この素晴らしい革新を喜び、
マスターコーアクシャルを早速手にした人たちが何人かいるのですが、

いかんせん、その威力が実感できない。。。

そうなのです。

機械式時計に長年慣れ親しんできた人達は
いくら大丈夫だと言われても

やはり携帯電話の上に時計を置いたり出来る訳が無い、
悲しい生き物なのです。




om630.jpg

オメガ シーマスター 300
マスター コーアクシャル
Ref. 233.30.41.21.01.001
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

wakmanndiver様

こんにちは。
正規店の話では、タブレットの画面を指で触って帯磁するケースが増えたと言ってました。
リニアモーターカーが実用化されたら駅のホームに居るだけで帯磁しそうな気がします。
しかし、マスターコーアクシャルなら心配無用ですね(笑)

近年値上げが醜いオメガですが、世紀の大発明を手が届く良心的な価格設定にした経営陣は評価したいです。
時計は複数本持ってますが、この時計が一番使用頻度高いです。

Re: wakmanndiver様

イワさん、こんばんは。
そうですか、タブレット。。。

帯磁が原因のトラブルは確かに増えていると感じますが
確かにタブレットの普及率も高くなってきたような。
勉強になります。

あとオメガさんのような量産体制があるメゾンに言わせれば、
1本5,000万円くらいする10本限定のコンプリケーションとか作ってるより
60万円の時計を3万本作った方が儲かる、
ということなのかも知れませんよね!

実際のところ、どうなのでしょうか???
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
12位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。