FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニッポンのトケイのタタカイ

report05img2.jpg



ということで、
前回の更新から大分時間が空いてしまい、
いつもご覧の方々、
いらっしゃるとすれば大変申し訳なく・・

特に体調がどうのということでもなく、
別件で少々ばたばたしてしまっていたのでありまして、

そんな中ニッポンの最新事情について触れる機会がありまして
やはりスイス時計達にばかり気を取られていると
ニッポンの革新の数々に気付かない仕組みになっていることを
ここに再認識してしまったのであります。

ということでカテゴリーにセイコーを選んだにも拘らず
何故かいきなり貼付けたるのはシチズンさんの時計の写真。

この時計、
個人的にはどうもGST何とかという、
どこぞの国の時計の面影を感じることを
禁じえなかったりもするのですが、

私はこの時計を
「カッコ良いではないですか。」
と思ってしまったのであります。

しかし見れば見るほどにその細部はシャープであり、
先進的であり、それでいてシンプルな感じもしなくもなく、
「いいなあ、これ。」
となってしまうのです。

そうなのです。

この時計は去るバーゼルワールドにて発表された
シチズンさんのサテライトウエーブの最新版だったりするのですが、

人工衛星が発する電波を受信することによって
秒単位の信頼性を発揮するという、

しかも地球上の何処にいようが
全世界の40のタイムゾーンに対応していて
等しく正確な時間を表示していられると言う
オソロしい時計なのです。

人工衛星といえばセイコーさんのアストロンという時計も
同じようなことを言っていたような気がしますが、

更なる噂によれば、
近々カシオさんもソニーさんの作ったGPSを搭載して
人工衛星をめぐるタタカイに参戦するらしく、

要するにニッポンのウォッチメゾン達のタタカイは
私の気付かぬ間に大気圏を突破してしまっていたらしいのです。

と書いているうちに、
何だか電化製品について書いているような、
そんな気にもなって来まして、

そこがスイスメゾン達と最も違う所なのでしょうが、
取り急ぎそれでも新しいサテライトウエーブはカッコウがよろしい。

そしてどうのこうの言いまして、
今どき時計はまずカッコ良くないと何も始まらないのでありまして
これをクリアしていればまずは予選を通過するのであります。


とかやっていまして、ふと思うのですが、
元を正せばパテック様もロレックスさんもオメガさんもインターさんもホイヤーさんも
正確で便利な時計を作るべく頑張っていたはずなのでありますが、
いつの間にやら話がすり替わっているのではなかろうか。

クオーツショックから機械式時計の復権を経て現在に至る
今日のスイス時計業界と言うもの、

その過程の中で本当に便利で正確な時計というものを
明らかに諦めてしまっている訳でありまして、

だから駄目とか、
良いとかといったお話では無く、

初心を貫徹しているニッポンのメゾンさん達を
もっと評価しても良いではないのか、
そんな気がして来たのであります。

もちろん機械式時計には機械式時計の楽しさがあり、
秒単位の精度等はたかが腕時計には必要ない、という意見にも
引き続き大いに賛成なのでありますが、

ニッポンのハイテク時計と
スイス的時計の間に有るミゾ。

これはとてつもなく大きなものになって来ていることに違いは無いのであり、
iWatchなども本格的に出現して来た日には
人々は手首に何をつければ良いのだろうか、

と何だか良く分からなくなって来た私でした。



b.jpg
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

wakmanndiver様

こんにちは。
私は画像の時計を見てベゼルの形は違いますが、オーバーシーズを連想しました(笑)
日本人は電化製品でもそうですが、古典的なノウハウを独自の発想で発展昇華させる能力に長けてるんでしょうね。
昔ながらの機械式時計を買うならスイス製、ハイテク機能満載時計なら日本製ですね。
ただ、世界大戦や大災害に遭遇した時は機械式時計が頼もしいと妄想してしまいます^^

Re: wakmanndiver様

イワさん、ありがとうございます。

日本のハイテクは本当に凄いですよね。

今どきの軍用時計はすっかりGショックになっているようで、
時計ファンが連想する軍用時計というものは
G10を含めて既に過去のものというのが実情の様で・・

機械式時計はあくまで道楽、
そういうことのようであります。。
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
20位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。