スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロンジン ヘリテージ リンドバーグ アトランティック ヴォヤージュ クロノグラフ L2.730.4.11.0

L2_730_4_11_0_1.jpg

ロンジン ヘリテージ
リンドバーグ
アトランティック ヴォヤージュ
クロノグラフ L2.730.4.11.0




最近すっかりスピマスネタに逃げてばかりで
そろそろ本格的なシツコさを呈して来たところでありましたが

今日は、私が密かにお慕い申し上げている
ロンジンさんのクロノグラフの写真を貼付けてみたのです。

懐中時計然としたアラビアインデックスに2つ目の
古典的クロノグラフの典型のような顔。

良く見ればベゼルにコインエッジ的意匠が見られ
とてもクラシックなのですが
そのボタンやリューズのしっかり感が
この時計が現行のものである事を密かに語っているのです。。。

そして長短針のブレゲ針のリンゴが妙に小さく見えることから
これは大きい時計に違いない、となるのです。

ということで、
このブログをいくらかご覧の方なら容易に察しがつくであろう通り、
私はロンジンさんのヘリテージコレクションに
並ならぬ関心を寄せているのでありまして

その中でもこの精悍な面持ちのこのクロノ、
「全てのプロダクトは実用的でなくてはならない」
というロンジンさんの方針の下、

そのほとんどのプロダクトが
自動巻でデイト付きだったりするのですが

この時計は少なくともデイトが無い。
= 結構特別な存在に違いない。

となり、私的には結構好感度が高かったりするのです。

ということでクドい前置きはともかく、
どうやらこの時計は2010年に限定(?)で登場したものらしく
何故か最近並行店等でちらほら見かけるのですが、

このモデルにはL2.730.4.78.0というリファレンスの
ローマン・インデックスに6時位置にデイトを持った
定番モデルもあるようなのです。

L2_730_4_78_0.jpg

もちろんこれはこれで良いのですが、
ロンジンさんの哲学に基づくデイト表示、

やはり恐れながら今の自分には
これが無い方がより好みのような気がする、
そんな気分なのです。

とにもかくにも取り急ぎ、
これを実際に手に取ってみれば
その47.5ミリ径の巨大なケースはそれなりに重量感があり、
懐中時計にベルトをくっつけました、
的雰囲気が確かに感じられるのです。

そして手首に乗せてみれば、
確かに巨大ではあるものの、

ブットいベルトが巨大な本体を
しっかりと手首に固定してくれて
フラットに近い裏蓋中央部の形状も良く、
装着感は意外な程に良いのです。

そしてパネライさんなどの巨大時計に免疫の有る私の目には
笑える程に大きいようには映らないのです。

そしてそして、
先程から気になっていた、
妙に浮き上がって見えるリューズ。

これを押してみると、
何と裏蓋がひょい、と開くのです。

そして現れるトランスパレントの本当の裏蓋、
そして見慣れた7750。。。

と思ったらこれが明らかに大きく、
何かと思ったらこれがバルグランジュという
7750の巨大バージョンだったのです。

L2_730_4_78_0_1.jpg

この37.22ミリ径の巨大ムーブメント、
確かに見応えがあり、
ロゴやジュネーブストライプも美しいのですが
仕上げにもう一手間欲しかった、

と、値段は安い方が良いに決まってる、
しかし手間は沢山かけてくれ、
と、消費者というものはメゾンさんに
無理ばかり言いたくなるものなのです。

しかしながら侮ってはいけません。
ロンジンさんが搭載するムーブメントは
その全てがETAさんのトップグレード、

スウォッチグループ以外の価格的に2〜3倍の時計達に
匹敵するポテンシャルを持っているのです。

そして裏ばかり見ていないで
表からも見てみようとひょいと裏返せば、

シルバーのツートンにクオリティの高いプリントが施された
美しい文字盤。

そしてこれまた当然のように私好みの
ブルースチール風のアップルハンド。

積算計やスモセコの針も青焼き風で
特に30分積算計が矢印形、
クロノ秒針スモセコについたカウンターウエイトの形状も
かなり気が利いているのです。

この時計は文字盤のデザインバランスが非常に良い
と思ったりするのですが、

デザインバランスを改善するのは
工作機械ではなくデザイナーのセンスな訳で

センスのよいデザイナーは
その分人件費が高いのかもしれませんが

それにしても直接的にコストアップに繋がることでは無く
これはそのブランドの価格帯に大して影響せず、
そのメゾンの持つ力量を表しているのではないか、


などとやっておりましたら
気付けば大概な縦長、
今日のところはこの辺りで、

もっと書きたいこともあるけど
腹八分目にて、いや六分目か三分目か分かりませんが
取り急ぎロンジンさんは相変わらず良い、
というお話でした。




ロンジン LONGINES ヘリテージ リンドバーグ アトランティック ヴォヤージュ クロノグラフ L2.730.4.11.0 新品 メンズ 腕時計

ロンジン ヘリテージ
リンドバーグ
アトランティック ヴォヤージュ
クロノグラフ L2.730.4.11.0

関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
9位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。