FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロンジンさんのイベントに行って来たのであります。

ln010.jpg

ロンジン ヘリテージ
1951 クロノグラフ
L2.745.4.53.4





実は先日、
私はまたしても参加してしまったのです。

そうです。
いつものクロノスさんのイベントなのです。

今回はどうやら
ハカセがロンジンさんのレジェンドコレクションについて
語ってくれるらしく、

以前なら私的にロンジンさんと言えば
まず思いつくのが大ムカシの
クロノグラフや手巻きムーブメントの名品達な訳で

どうも現行のロンジンさんというのはピンと来ないんだもんね、
なんて思っていたのですが、

ある日突然発作的にレジェンドダイバー
これはスバラシイではないですか、
なんて心を開きつつあったところでありまして

今回のイベントは私的に
非常に興味深いものであったのでした。


今回の会場は言うまでもなく、
前回のタグ・ホイヤーさんの時と違って行き慣れた場所、
そうです、ニコラスGハイエックセンターな訳で

これは余裕と思っていたら
本当に余裕があり過ぎてしまい、
無駄に遠回りするなどの抵抗を試みるも空しく、
開場10分前に着いてしまって

何だ、早過ぎたではないですか、
と近くでお茶をしていたら

いつも通り
会場入りがギリギリになってしまったのでありました。

ということで会場に入ると、
受付のお姉様の傍にいつも通りのハカセの笑顔。

この笑顔に妙なまでに癒されるのは私だけでしょうか?


ということで、

ロンジンさんの社長と
スウォッチグループ・ジャパン社長という
とても凄い方々の大変ご丁寧なご挨拶により
笑ってしまう程にハードルが上がってしまった後、
ヒロタハカセの登場であります。

その道のプロたるハカセは
難なくその高いハードルを
越えてしまったのは言うまでもありませんが

聴衆の反応を伺いながら
お話の深さのレベルを調整しつつ

その場で言葉を選びながら
淀み無く解説を続けるハカセ、
いやはや実に素晴らしかった。。


ハカセ曰く、
ロンジンさんはクオーツショック以降、
一時はクオーツ時計に特化していたようで

1984年発表の年差時計の商業的成功によって
ETAさんとの関係を絶対的なものとしたんだそうです。

その後も一貫性のあるプロダクトと戦略の下
何と現在でもスイスメゾンとして
第4位の規模を誇っていらっしゃる、

ということは
近年のロンジンさんはどうも元気が無い
なんて勝手に思っていた私、

狭いと思っていた時計業界、
私が思っていた程狭い訳でもなかったのね、

などと極当たり前の事を
改めて感じさせられたのでありました。


ロンジンさんはスウォッチグループの一員として
その巨大な規模の恩恵を最大限に活用し
色々な面でひとクラス上のクオリティを
実現しているようでありまして、

その分かりやすい例として
ドーム型のサファイヤクリスタル風防や
ラップ研磨による美しい文字盤、
ハイクラスのムーブメント等を挙げておられましたが

ロンジンさんは
まず価格を決めた上で
その範囲で何処まで出来るかを考えるらしく

当然のように他社を圧倒する
高いコストパフォーマンスを誇っているのです。

それでいて常にプロダクトの実用性に重きを置いており、
成る程、ほとんどの機械式腕時計に
デイト付きの自動巻という
普段使いに適した仕様が採用されているのです。


そこで気になったのがレジェンドダイバー。

そうです、

私個人としましては
この時計にはデイトがない方が
良いような気がしていたのですが

いつの間にかデイトの無いモデルは
生産が終了していたようなのです。。


とやっておりましたら
既にいつも通りの内容を伴わぬ結構な縦長、

取り急ぎロンジンさんは
思っていたよりずっと良い奴だということが分かりました、

と一人頷く私でした。





ロンジン LONGINES コンクエスト オートマティック クロノグラフ L1.641.4.52.2 新品 メンズ 腕時計

ロンジン
コンクエスト クロノグラフ
L1.641.4.52.2



conquest.jpg
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

待ってました。

wakmanndiverさん。 ご無沙汰しております。
ロンジンさんの記事、楽しみにしておりました。個人的には好きなブランドで、以前シルバーアローというモデルを狙っておりましたが・・・。逃がしてしまいました。(涙) なんかロンジンさんって、昔はロレさん並みにステイタスがあったという話を聞いたことがあり、それ以来気になっていたメーカーさんでした。そういった事とかも含めて、また色々教えてください。 よろしくお願いします。近日中にお目にかかる予定ですので・・・。

またまた、ヒロタハカセのトークを楽しんで来たとの事(^^)

私の住む地域では、そう言うイベントが無いのでとても羨ましく思います。

今回の内容は、ロンジンという事ですが、私の中ではやはり古き良き時代のアンティークムーブメントのインパクトが強くて、現在のロンジンの時計造りは余り注目していませんでした。(デザインもあんまりだし(-_-;))

レジェンドダイバーだけは、未だに好きですが・・・。購入を考えた事もあったほど、良い時計だと思っています(デザイン、造り込み、値段のトータル的に)。

もうロンジンは、「昔の名前でやってます」的なメーカーだと勝手に思っていました。


が、今でもスイスメゾン第四位の規模との事(*_*)

知らないとはコワイものですねf(^_^;

きっと、他にも日本とヨーロッパでの評価に差があるメーカーってあるんでしょうね?

記事を読ませて貰って、今度機会があればもう少しロンジンさんの時計に注目しても良いかなと思いました。

でも、実際に購入するとなれば、レジェンドダイバーなんだろうなぁ(笑)

No title

たぬ吉様、

こちらこそ、ご無沙汰しております。

大変恐縮ですが
私はロンジンさんは過去のブランドで
今は良き時代の面影は無くなってしまっているのでは
なんて勝手に思っていたフシがあり、

今回ロンジンさんについて見直す機会をいただき
ロンジンさんという会社が
創業当初と同じ場所にあり、

確かに一度はクオーツにシフトせざるを得なかったのでしょうが
時代の波に揉まれながらも
ちゃんと一貫性のある経営を続けている事、

そして現在でも確かに
スイス時計業界において中心的存在であり続けている事。

全て知っていたつもりでしたが
ちゃんと理解していなかった事を再認識出来ましたw

しかしどうでも良いけど
ロンジンさんはかつて
ハイエンドなプロダクトで
名を馳せたブランドであった訳で

ここらで某社のように
オートオルロジュリーラインを
立ち上げてしまって

13ZNや30CHの直系といえるような
ダトグラフも真っ青になるような
スバラシイクロノグラフを作ってしまう、

なんて事をしてくれれば面白いのに、
とか思うのは私だけでしょうか?


みつぼんさん、

妙な比較かもしれませんが
例えばブランパンさんのフィフティーファゾムズ、

そのオリジナルとロンジンさんの
レジェンドダイバーの元ネタになったモデルを較べると

ロンジンさんの方がより入手が難しく、
流通価格も高いに違いない。

しかし現行モデルに於いては
ブランパンさんの方が10倍も高価だったりする訳で
そんなところに誤解が生まれるのかもしれませんが

考えてみると高い時計しか作らないメゾンさんが
安い時計しか作っていないメゾンさんより偉い
みたいな何時の時代に於いても通用しない
正しくなくて、そして何よりつまらない先入観に捕われていたのかなと、

しかし私は別にジャーナリストをやっているわけではないので
それはそれで良いのかもしれませんが。

次回はご欠席だそうで、
またお会い出来る機会を楽しみにしております。

今後とも宜しくお願いします。

次回、残念ながら欠席です(T-T)

一般の方と、なかなか休日が合わないんですよ(-_-;) 前回、参加できただけラッキーだったと思っています。

で、改めて記事を読ませて貰って、クロノの復刻モデルもなかなか良さそうですね(^^)

でもやはり良いなと思うのは、クロノといいダイバーといい、復刻モデルなんですよね(-_-)

現行モデルで魅力ある時計を出して貰いたいですね(^^)
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
11位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。