FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チュードルさんのクロノタイムはどうか?の続きの続き

1631584.jpg

チュードル クロノタイム 79180




これまで
「チュードルさんのクロノタイムはどうか?」
等と言いながら2回書いて来たのでありますが

これまで書いて来た事を改めて検証するに
「どうか?」なんて自分で言っておきながら
ちっとも「どうなのか」について
書いていないではありませんか。

これは大変です。

どうなのか書けるかどうかはともかく、
取り急ぎ始めてみるのです。


ということでクロノタイム、
非モンテカルロのバリエーションの中では

どうやら79160の黒文字盤、
しかも初期型の人気が高いようでありますが

私的には初期型の79180を推したいのであります。

と、申しますのも初期型の79180、
ベゼルの正面にもサテン仕上げが入っていて
サテン仕上げのラグやブレスと共に
最もマッシブなる鉄のカタマリ感が強調されている、
私の目には何だかそのように見えてしまうのであります。

もちろんこれは私の個人的好みに過ぎない訳ですが。

ということで
どうやら人気はカマボコ時代に偏っている感がある故、
取り急ぎカマボコについて改めて検証してみましょう。

カマボコのカマボコたる所以は
要するにケースサイドの断崖絶壁、
そのプロファイルはまるでカマボコの断面のようである

という事は私が繰り返すまでもありませんが
もし万一このカマボコをまだ実際に手にした事が無い方、
いらっしゃいましたら是非一度手に取ってみましょう。

そして張り出したリューズガードの間には
サブマリーナ用の大径リューズがねじ込まれ、
その上下にあるプッシュボタンまでねじ込み式にて
当然しっかりねじ込まれた状態では微動だにしない訳で
何だかとっても頼もしいのであります。


といいつつも、
やたら意味も無くクロノを動かしたくなる私にとって
ねじ込み式プッシャーというものは

緩めないと動かないし、
緩めっぱなしだとどうも頼りない。

これがクロノを持ちながらクロノが単なる飾りと
成り下がる大きな要因となってしまうのは明らかであり

どうも私的には今ひとつ
馴染めない仕様の一つだったりするのですが。

オイスター繋がりにてついでに申し上げますと、

実は私的には、オイスターケースの手巻き時計には
更に大きな疑問符を付けざるを得ないのであります。

何しろ時計を動かそうとする度に
リューズのロックを解除して
ゼンマイをカリカリ巻かなければならない、

手間がかかる事については
私的には逆に歓迎すべき事だったりするのですが

どうもリューズとチューブがあっという間に
摩耗してしまうのではないかと心配でしょうがなく、

実際は例えば新品状態からなら
毎日使っても4〜5年位は実用上(事実上?)平気、
ということのようですが、

メンテナンスの度に交換する必要が発生するというのは
いかがなものか?

それ故、ねじ込み式リューズに加えて
プッシュボタンまでスクリューロックになった
手巻きクロノグラフには更に興味を持てないのです。

そしてこれに該当するクロノグラフと言えば
クロノタイムの親たるデイトナの6263や6265な訳で

長年ロレックスさん唯一のクロノとして頑張って来た
デイトナに人気が集中するのは無理もありませんが
私的にはどうもこの辺りの部分が余りに理不尽、
な気がしてならないのです。

と完全に脱線していたら
随分字数を稼いでしまったようですが

話を戻します。


搭載するムーブメントはここに繰り返すまでもなく
7750であります。

1501962-3.jpg

テンワの色からしまして
その素材はグルシデュールでしょうか。

そして対震装置がいちいちキフになっているのが
いかにもロレックスさんらしいではありませんか。

それより何より申し上げたいのは、
これこそここで繰り返す必要がないのですが
7750は21世紀の現代に於いても尚、
第一線でバリバリの現役な訳で、

故にクロノタイムは
現行の時計達と同様の優れた使い勝手を持っており
この先も当分、少なくともムーブメントに関しては
スペアパーツの心配も要らない、
という事が言えてしまうのであります。

すなわちクロノタイムは、
1970年代的原始的ブコツさが
比較的お気軽に安心してご愛用いただけてしまう、
初心者にも優しい時計なのであります。

もちろん、コンディションにもよるのですが。

「それにしても良いではないですか、クロノタイム。」

と、一人感心する私でした。




チュードル TUDOR クロノタイム 79180 アンティーク メンズ 腕時計

チュードル クロノタイム
79180

関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
11位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。