FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チュードルさんのクロノタイムはどうか?

チュードル TUDOR  クロノタイム 79160 TUDOR CHRONOTIME 【アンティーク】

チュードル クロノタイム
Ref.79160




また毎度の思いつきにて恐縮ながら
そういえば
私はまだクロノタイムについて書いた事が無かった、
これは大変だ、


という事で本題です。

チュードルさんのクロノグラフ、
そのファーストモデルは1970年頃に登場した、
そして何年か前にヘリテージクロノなる復刻版で人気が再燃してしまった
ホームベース型インデックスを特徴とする手巻きクロノ、
Ref.7031やRef.7032なのであります。

7031gy.jpg

このホームベース、
以前にも書いた事がありましたが
かつては特にありがたいものとは思われておらず、

そんなに欲しい人も多くなかったが故に
極普通にB級クロノの一派として扱われていたのですが

こうして見ると随分と格好がよろしく見える。。。

不思議なものであります。

ということでプラベゼル付きの7031やスチールベゼル付きの7032は、
当時のバルジューさんの主力選手のひとつであったと思われる
7734をベースとしたムーブメントを搭載していたのでありますが、

何故か1970年代半ば頃、
突然旧式のバルジュー23系をベースとしたものに
積み替えられてしまったのです。

IMG_48470.jpg

そうなのです。
Ref.7031と7032の後継機であるRef.7149、7159が、
そしてこの世代から本格的に製品化された
回転ベゼル付きのモデルがRef.7169として登場したのです。


ところでバルジューさんの末期のカム式クロノグラフ達は
そのパーツの一つ一つが
生産性と合理性の更なる配慮から生まれた
古典的クロノと呼ばれる部類とは一線を画する
意匠を持っていたのでありますが、

審美的にあまり優れていたとは言われておらず、
機械式時計の冬と呼ばれた時代性も相まって
どうも良い扱いを受けていない印象なのです。

中には当時普及していたプレス加工機が
クロノグラフを駄物にしてしまった、
なんておっしゃっていた評論家様もいらっしゃったような。。


ということで、
特徴的かつB級的ホームベース型インデックスは失われたものの

何時、何でこうなったのかは全く不明ながら
チュードルさんのクロノにも
古典的名機の誉れ高きバルジュー23が与えられたということで
良かった良かったと思っておりましたら

今度は兼ねてから世間を騒がせていた
クロノグラフの自動巻化の波が
遅ればせながらチュードルさんにも押し寄せる事になるのです。
94300.jpeg

そうなのです。
1974年に登場以来
熟成を重ねて来た新世代の自動巻クロノグラフ、
7750が採用されて
ここにチュードル・クロノタイムが誕生するのです。

とか言いながら、
実はいつこの初代クロノタイムが登場したのか
ことあるごとに調べても調べても、

足掛け約15年間、
いくら調べても未だ信頼に足る情報を
探し当てるには至っていないのでありまして、
きっと1970年代の後半くらいらしい、
という程度なのです。

更に実は、先程からはっきりと分かっていない部分は
あえて明確な表現を避けて書いて来た訳でありますが
もっと詳しい方、
いらっしゃいましたら情報をお待ちしております。。。

ということで初代クロノタイム、
プラベゼルがRef.94200でスチールベゼルが94300、
回転ベゼルが94210ということで
それぞれにグレーと黒と青の文字盤が用意されていたのであります。

そして当初この初期のクロノタイムを持って
「モンテカルロ」という呼称が用いられていたようなのですが
いつの間にやらこの時期よりも前の、

すなわち文字盤が3色から選べた時代の
チュードルさんのクロノグラフ達全てを
モンテカルロと呼ぶようになってしまったようでありまして

もっともそれで私が何を損するということでもない訳で
どちらでもよいのですが、

やはり20年前の段階で
プロトタイプの7033の青いヤツを1本でも
抑えておくべきだった、

と、意味不明な後悔の念を抱いてしまう私でした。



picture.jpg

今回発見した当時のカタログ、
リファレンス番号はこれで合っているのでしょうか?
これで合っているとすればもしかして大発見なのでは?
と、どこまでもムカシのチュードルさんの時計達は
不明な事が多いのです。。。
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。