FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古いオメガ・シーマスター達はどう良いのか?の2

SEAM600.jpg




ということで、
毎度の事ながら気の利いた事が書けるかどうかはともかく、
続きです。


実は私が今回ここに改めて紹介させていただきたかったのは
希少性が本格的に高まって来た初期のものではなくて

1950年代末に登場したCal.550系、
デイト付きならCal.560系というものなのです。

私のこの個人的なブログにて何を書こうが
世間様に何の影響が有る訳でもありませんが、

それにしても誰も何も言わなければ
皆に忘れ去られてしまう。

だからここにまた何を今更、
という事を再度書いてしまうのであります。

何しろこのCal.550系を持って1966年、
オメガさんは前人未到の10万個連続クロノメーター所得という
偉業を達成したようなのです。

もちろん、
それだけこのムーブメントが優秀であった事は言うまでもなく、

それまでいちいち高くついていた高精度ムーブメントというものが
多少は身近なものとなったという事でもあったようなのです。

もちろん当時からずば抜けた量産技術を誇っていたオメガさんにしてみても、
部品の加工精度などは現在とは比較にならない程に低かった訳で

これは多少の誤差に関わらずちゃんと精度が出せるという優れた設計と
行き届いた品質管理があればこそのことではないでしょうか。

オメガさんは1960年代、
大量にクロノメーターを作る訳でありますが、

これがコーアクシャルという革新的技術を惜しげも無く
全面的に投入し続ける現代のオメガさんの姿に重なる気がするのは
私だけでしょうか?

ということで550系の中では
551や561、そしてデイトのクイックチェンジがついた564や
曜日表示もついた751がクロノメーター取得機でありますが、

これらのムーブメントのブリッジには
"ADJUSTED TO 5 (FIVE) POSITIONS AND TEMPERATURE"
という私の大好きな刻印がとても誇らしげに
刻まれている訳でありまして

これを確認するだけで自然と顔がほころぶ程に
色々な意味で大いに結構なのでありますが

それではクロノメーターでない
550や552や562や565や752等、
こういった者達はどうなのかと申しますと、

これがどう見ても上記クロノメーターさんたちと
大して違うようには思えないのであります。

もちろん彼らには上記の誇らしげな刻印は無い訳でありまして、
きっと出荷段階での精度調整の念の入り方には
差が有った事でありましょうが、

もっと古いRGムーブの頃とは違って
それ以外は実はほとんど同じなのではないか、
というのが正直な所なのです。

その証拠でもないのですが、
クロノメーターであろうがなかろうが、
実際にアンティークとして現在流通する550系は
ちゃんとメンテナンスを受けていれば
かなり優秀な精度を紡ぐ個体が多いのであります。

更にはこの辺りを搭載したシーマスターとなりますと、
もちろん新品当時のようにはいかないにせよ、
一応防水仕様になっているのでありまして

もちろんコンディションがそう悪くなければ、
となってしまうのでありますが

要するに非常に多くの個体に於いて
日常使い出来るだけのタフネスが期待出来るのです。

1960年代は自動巻ムーブメントが本格的に熟成し
機械式時計の黄金時代等と表現されたりすることもあります。

ここに繰り返すまでもなく、
紛れも無く550系はそんな熱い時代の中心的存在のひとつであり、

しかも割とどこにでも売っていて
しかも結構安い。

これはひとえに、
50年も前から優れた量産技術を持っていた超ビッグメゾン、
オメガさんのみがなし得た偉業であり、

これはやはりもっと評価されるべきではなかろうか?

と、どこまで行っても
何を今更な私でした。



オメガ OMEGA シーマスター クロノメーター 168.022 アンティーク メンズ 腕時計

オメガ
シーマスター クロノメーター
Ref.168.022
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。