FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロレックスさんは一体どうなのか。・・その壱

bubble.jpg



先日、某所にて
ロレックスのサービスセンターは修理を断りすぎだ、
という話題が上がったのです。

これまで優秀な自社製ムーブメントを沢山作ってきたロレックス。

現在ではスイスのビエンヌに
他のどのメゾンさんよりも巨大な
ムーブメント工場を持っており、
ヒゲゼンマイや耐震装置、
外装用の合金まで自社で作れてしまっているのです。

そんなメゾンさんがちゃんと取り組んでさえくれれば
自ら作った過去のプロダクト達の修理くらい
出来ないはずは無いではないですか。

最近のラグジュアリーブランドというものは、
自らの歴史や伝統を重んじなくては駄目だ、
といった風潮が有るのか無いのか知りませんが

10年前に較べると
自分ちの古い時計の修理にも熱心なメゾンさんが
随分と増えたような気がしてならないのですが


ロレックスさんは相変わらず修理を断る。


これはどう考えても
熱心過ぎるファンと
怪し過ぎるディーラー達が
サービスセンターに群がり過ぎたから

これが最大の理由に違いない。

実際、ロレックスサービスセンター発行の
見積書や修理明細表等が
その時計が正しいものであることを
問答無用で証明しているかのような幻想が
そういった人達の間でまかり通っており、

これがその時計の大きな付加価値となりうる、

言い方を変えれば

ユーザーの為のサービスであるはずの修理が
売り買いする人の利益を大きくする為の
手段として用いられている

という事実があるのです。

もちろん、
過去のプロダクト達が
市場で話題となることは、
そのブランド価値を高める上で
マイナスになどなるはずもなく、

ヴィンテージウォッチの国際的なオークションの最大の顧客は
その作り手たるメゾンさん自身だ、
なんて話もそこそこに有名だったりするのです。

これはもう、
ロレックスさんとしては

やれこのエキゾチックダイヤルが本物だ偽物だ、
等という話に頼むから巻き込まないでくれ、

と言っているに他なりません。

熱心なのは有り難いが
完全に度を超している

そういう判断に他なりません。

それ故、なのでしょうか。

クロノスさんの別冊
「ROLEX SPECIAL BOOK―ロレックス最新が最高の理由 」
という本に書いてある通り、

ロレックスは最新が最高であり、
またそうであり続けようとしているように
思えてならないのです。

と、
今回もまた気付けばそこそこの縦長にて、
続きはまた近い内に、
必ずや・・・



ロレックス デイトナ 6263 ROLEX DAYTONA 【アンティーク】

ロレックス
デイトナ 6263



関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

確かに、ロレックス程のメーカー規模ならば、古い自社製品に対してメンテナンス体制を整えて対応する事も可能なんでしょうけどね。

扱う量は尋常ではないでしょうが・・・。

ただ、ロレックス好きの方々の、各モデルに対しての細かい部分の特徴の認識って尋常ではないと思うんですよ。

それに対応するのって、メーカーにとって色んな意味でリスクがありそうですよね?

今の状況下ではロレックスもなかなか旧モデルのメンテナンスに手を出せないでしょうね?


最近は特に、仰る様なロレックスサービスセンターの『修理見積書』なる物が、まるで水戸黄門の印籠の如く扱われてますよね?

この『修理見積書』さえあれば・・・って所が、買う側売る側双方にあるのだと思います。

ロレックス以外では、一寸考えられない感覚ですよね?(アンティークパテックの場合アーカイブがありましたね)



「最新のポルシェが最良のポルシェ」と言うのはよく聞きますが、ロレックスも同じなんですね。

Re: タイトルなし

みつぼんさん

こんばんは。

古いロレックスの中には高くなり過ぎてしまったものも多く
その資産価値を損なわないような修理については
もはやメゾンさんのアフターサービスの域を越えている、

本来のメゾンさんのアフターサービスは
その時計を安心してご愛用いただく為の修理なはずで
より高く売る為の修理でないことは明らかですよね。

人気がありすぎで非常に妙な状況に陥った
他の業界を含めてもとても珍しい状況ですよね。
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。