FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何だか暖かくなって来たけど、やっぱりエル・プリメロ。

zn167.jpg


ゼニス キャプテン エル・プリメロ
03.2110.400/21.M2110




ということで、
どうもアンティーク寄りな私的に
エル・プリメロと申しますと
どうしても3019PHCとなってしまうのであり、

前回までやたらと繰り返してしまっていた通り
これを取り巻く世界はやたらと混沌としており、

それ故か、自分で書いてきた事を読み返してみるに
文章そのものまでが混沌としてきて
書き直そうにも書き直せそうになく、

いつになく訳の分からぬ事ばかりをずらずらと
読みにくい事この上ないような気がしてならず、

しかしエル・プリメロは現在でも立派に頑張っている訳で、
私ももう一度頑張ってみよう。。。


と言う事で本題です。

私はエル・プリメロは1975年には製造中止となってしまった、
と書きましたが、
その間に出荷されたエル・プリメロは
僅か4万個足らずであったそうなのです。

そして1987年に市場に再投入されたエル・プリメロには
400というキャリバー番号が与えられたのですが、

見た目上違いは耐震装置がインカブロックから
キフショックに改められた事、
そしてコラムホイールの上にS字状のレバー抑えがついたこと
くらいのもので、
調速機の改良が加えられたのは1998年頃の事のようであります。

具体的には4番車の歯数を100歯から120歯に増やして
一方ではガンギ車の歯数を21歯から20歯に減らして
更にはアンクルの形状を変えることで
ガンギ車と爪石の噛み合いを改善した、
とヒロタハカセの記事に書いてありました。

なるほど、エネルギーの伝達効率がこれによって改善され、
テンプの挙動がより安定する、
ということなのでしょうが、
ハカセは何故何事に於いてもこんなにお詳しいのでしょうか?

この辺りの詳細を突っ込んでみたくなったりもしますが、
きっと更にコムズカシイお話になって
またしても混沌としてくる可能性が高い為、
ここでは取り急ぎこの程度にしておくのです。

さらにはいつかゼニスさんの、
確か現CEOのジャンーフレデリック・デュフール氏へのインタビューにおいて、
氏がエル・プリメロ用の素晴らしいオイルが開発されており、
高振動の弊害に関する部分は解決を見た、
と語っていらっしゃいました。

そのレシピは社外秘、なんて事も言っていたような気がします。

ということで新生エル・プリメロは
ゼニスさんの基幹キャリバーとして数々のバリエーションを生み続けます。

特に前CEOであるティエリー・ナタフさんの時代には
過剰なまでにゴージャスな路線にシフトしていましたが、
その時代にはミニッツリピーターや永久カレンダー、
トゥールビヨンまで搭載してしまっているのです。

LVMHに参画以前は、
いかにも職人気質な時計達ばかりだった訳ですが
ティエリー・ナタフさんと言う人は
御徒町で地味に真面目に働いていた職人さん達を
突然六本木のホストにしてしまったのです。

確かにディファイ・エクストリーム等
当時のプロダクト達は過剰なまでにお洒落でした。

その反面、そのマッシブで質感に優れる外装は
ブレスレットをはじめとして
結構デリケートな部分も多く、
色々な意味でハイエンドなプロダクトだったような気がします。


とやっておりましたらまた結構な縦長、
まだまだ書き綴る事も出来るとは思いますが

いずれにせよ取り急ぎこの辺りでペンを置いてみようと、
思う次第であります。

しかしどうやらまだお話は終わっていないようでもありますし
毎度の事ながらこの続きはまた次回、近い内に。



zn167.jpg


ゼニス キャプテン エル・プリメロ
03.2110.400/21.M2110
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ティエリー・ナタフさんと言う人は
御徒町で地味に真面目に働いていた職人さん達を
突然六本木のホストにしてしまったのです。」

もう、ここは爆ウケしてしまいました・・・!(^^)

エル・プリメロ専用のオイル・・・、これはすごい朗報
ですね・・・。

前回のご返答でもやはりメンテナンスが必要と
おっしゃってましたから、こういうところがよくなれば
かなり身近な存在になるのではないでしょうか・・・。

ばけねこさん

いつもありがとうございます。

エル・プリメロというムーブメントは知れば知る程、
と言いながら大して知っている訳ではありませんが、
本当に魅力の尽きないもので、
これに気付いているゼニスさんは偉い、素晴らしい。
と心から思っています。

どうも私的に、エル・プリメロは色々な意味での
危うさがあるような気がしまして
例えば危うい感じの女性と大変な事になってみたい、
なんて願望に近いのかな、

って、今日はお酒を飲み過ぎましたwww
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。