FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続! さむ〜い冬にはほっとなエル・プリメロを。

217307.jpg

モバード アストロニック
01.0010.436





ということでエル・プリメロについて、
何が書けるか分かりませんが
取り急ぎまた書いてみようとまた始めてみるのです。


ゼニスさん自体、
Cal.135という高名なクロノメーターを引き合いに出すまでもなく
拘り屋の集まるル・ロックルのメゾンさんらしい
高い技術力を持ったメゾンさんでありますが、

色々な意味で無頓着と言いますか
一筋縄と言いますか、応用が利かないと言いますか
何かにつけて色々な意味で職人さん気質を感じさせる、
これが旧来のゼニスさんらしい、
と言うのかどうかは知りませんが、

エル・プリメロという、
ある意味多くの要素が重なり合った機械を開発するには
仲間達の協力が不可欠であったようなのであります。

取り急ぎ1960年代前半に
クロノグラフの名品達で有名なユニバーサルさんの傘下において
クロノグラフの開発を担当していたマルテルさんが、
ゼニスさんに統合されます。

当時のユニバーサルさんのクロノは、
リセットハンマーその他レバー類各種の有り得ない程の太さに象徴される
耐久性の高さを特徴としていたようであります。

15198.jpg
ユニバーサルさんのCal.281 (拾い画像にて失礼!)

そしてマーテルさん統合後にゼニスさんが作ったCal,146系クロノは
まさにその生き写しであったのです。

146D.jpg
ゼニスCal.146D。(またしても拾いにて失礼!)


さらにゼニスさんは、古い歴史と伝統を持ち、
優れたトリプルカレンダーや自社製クロノグラフ等も作っていた
名門マニュファクチュール、
モバードさんも1960年代の後半には傘下に収めるのです。

ゼニスさんは1965年、
マルテルさんに自動巻クロノを作れないかという
お話を持ちかけたと言われています。

しかし丈夫な事が取り柄のマルテルさんのクロノ機構、
もちろんコンパクトに仕上げるのは至難の業で
そこで登場したのがゼニスさんによる
シンプルなリバーサ式自動巻だった、
ようなのであります。

更にはただ自動巻クロノが作れただけでは面白くなかったのでしょうか、
当時モバードさんが凝りに凝っていて
既にそれなりの実績を上げていた高振動技術も
これに乗っけようと頑張ったようなのです。

この貪欲さがエル・プリメロに
当時としては有り得ない程の高機能を与えたのです。

すなわち、エル・プリメロは
モバードさんの高振動技術と
マルテルさんのクロノグラフ機構、
更にはゼニスさんのコンパクトな自動巻機構を与えられ
何とかかたちになったのです。

しかし何しろ、
自動巻クロノがまだ無かった時代に
本来スペースを取るはずの水平クラッチ式の
古典的クロノグラフ機構を犠牲にする事無く
自動巻機構を同居させ、

更には10振動の心臓を与える事で1/10秒まで計測可能な
クロノグラフにしてしまって、
そしてもちろんハイビート故の高精度まで実現してしまった。

これが「ほっと」でなくて
なにが「ほっと」と言えるでしょうか?

そしてその一方で
ゼニスさんと高振動という
短距離走は抜群に有利ながら
長距離走には抜群に不利な仕組みとの
戦いが始まったのであります。

10振動を発生させる為の非常に強いゼンマイは
調速装置はもちろん、巻き上げ機構にも思わぬ負担を強いているのです。。。

しかしながら1960年代後半以降、
高振動技術に関する様々な試みがなされ、
現代に繋がる沢山の優良な遺伝子が生まれましたが
ほぼ原形を留めて今日も生産が続けられている
10振動以上のムーブメントは
エル・プリメロを除いて他には殆ど(全く?)残っておらず、

如何にエル・プリメロが多くの人達にとって
時代を超えて愛され続けられているかを
思い知らされるのであります。。。


と好きなように書き綴っておりますが、
どうやら当初の予定であった上に貼付けたる時計のお話に達する事無く
既に結構な縦長になってしまいましたので

この続きはまたしても次回に持ち越しとなってしまう
無計画な私をどうぞお許し下さい。




217307.jpg

モバード アストロニック
01.0010.436

関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

う〜ん

エル・プリメロは複数の企業の技術の複合結晶である究極の
ムーブメントだったんですね・・・。

僕自身、ゼニスのガワのデザインには「・・・。」なところがありますが
このようなお話しを聞かせていただくとすごく興味がわいてきます。

ものの見事にナンパな僕ですが・・・(笑)

一時期、36000VPHのシャルル・ベルモモデルに魅かれたことも
ありましたし、やはりムーンフェイズのクロノマスター Tエルプリメロ
に一番魅かれてしまいます・・・。

技術力とデザイン、そして機能の充実とゼニスの中では一番高次元で
バランスが取れているように僕には見えるんです・・・。

ゼニスは未体験なので、興味はすごくあります・・・。(^^;)

Re: う〜ん

ばけねこさん

ありがとうございます。
エル・プリメロには、
今も昔も変わらないゼニスさんの意地みたいなものが
感じられるような気がしまして、

やはりこんな職人気質なメゾンさんが
意地になって作り続けているムーブメントが
悪かろうはずは無く、
私にとって常に気になる存在であり続けています。

確かに修理の多いムーブメントのような気もしますが
そこも含めて(?)とってもホットなムーブメントです。

デイトナがエルプリメロをベースにしていた事を理由に名機だ、
とおっしゃる方も多いような気がしますが、
これについては私的には
?????????????????????????????
?????????????????????????????
でありますw

ヴィンテージのゼニスのクロノグラフがユニバーサルのムーブメントと言う事や、エル・プリメロの高振動の技術はモバードの存在が大きかったと言うのは聞いていましたが、マルテルと言う会社の存在は知りませんでした。勉強になりました。

私の考えでは、ロレックスはあの時点で手の込んだ自動巻きのクロノグラフを選択する上で、消去法でエル・プリメロを選択したのかなぁ?なんて思ったりもします。(勿論エル・プリメロが良い機械だと言う事が前提ですが。)

Re: タイトルなし

みつぼんさん

いつもありがとうございます。
誰でも同じなのかも知れませんが
私の知っている事もまた色々な人達の受け売りに過ぎず、
お恥ずかしい限りであります。

80年代初頭、休眠状態にあったエル・プリメロに
白羽の矢を立てたのはエベルさんと聞いています。

そしてこれがエル・プリメロ復活の
きっかけとなったようです。

デイトナ16520の登場は、
新生エル・プリメロである400番が登場した
約1年後のことですよね。

とっくに生産を終了しているヴァルジュー72の
ストックを使い果たそうとしていた矢先に
400番が登場してこれを使ってみよう、
となったのでしょうが、

きっとエルプリメロが古典的(=信頼性が高い。。と信じられていた)
クロノグラフ機構を持っていたからで、
極めて優秀な自動巻ムーブメントを作れる
ロレックスさんにはそれ以外には興味が無かった
のではないかと思うのですがどうでしょうか?

実際、ロレックスさんの4030で原形を留めているのは
クロノグラフ機構だけですし。。。

この辺りのお話は突っ込めば突っ込む程に
何処までも永遠に続いて行きそうなもので、
また記事にさせていただきたいと思います。

今後とも宜しくお願いします。
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。