FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アタラシイ、オメガ スピードマスター レーシング。

オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.01.001

オメガ スピードマスター
レーシング
326.30.40.50.01.001


オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.01.002 OMEGA Speedmaster Racing 【新品】

オメガ スピードマスター
レーシング
326.30.40.50.01.002


オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.02.001 OMEGA Speedmaster Racing 【新品】

オメガ スピードマスター
レーシング
326.30.40.50.02.001




そうなのです。

例えば私のようなスピードマスターの世界に手巻きモデルから入門して
その世界に取り憑かれたようなタイプの人達は
どうもこれらケース径40ミリの一連の自動巻スピマス達に
深い興味を示しにくい習性があるという事実が存在しますが、

そんなオタク達の事等お構いなく、
またしてもどかどかと、
40ミリ径のスピマスオートが登場したのであります。

今回は(も?)随分と気合いが入っているご様子にて
一気に7種類ものダイヤルバリエーションが登場したのです。

更にはスチール製のブレスレットの他に
特製のラバーストラップ付きのバリエーションもあり
合計で14種類もあるご様子なのです。

しかし何より気になるのは
まだちゃんとご対面出来ておらず
その正体が判明していない謎のムーブメント、
オメガさんのCal.3330なのです。

先代のスピマスデイト、
オメガ スピードマスター デイト 323.30.40.40.06.001
オメガ スピードマスター デイト
323.30.40.40.06.001


これについてはバルジュー7753がベースとなっているようで
3、6、9の横目になっているのは大いに結構ながら
デイトの早送りに何か棒状のもので
10時位置のボタンを押し込んであげないといけないのが
何となくご面倒な気がしてしまう、

って、これごときご面倒などとおっしゃるヤカラには
機械式時計は向いていないといえばそれまでですが、

今回の新しいスピマスレーシングにも
そのいかめしい10時位置のボタンが存在しており、

「あ、これね。」

なんて思っていたら、

何とコラムホイール式でコアークシャルで
シリコンヒゲゼンマイでフリースプラングで
パワーリザーブ52時間でクロノメーターだ、
なんてオメガさんのサイトに書いてあるではないですか。

思わずプッシュボタンを押してみると、
確かにいつものバルジュー系の
「ガコッ」というしっかりとした堅さはなく
「ペコン」と簡単に押し込めてしまうのです。

何だ何だ、そしたらいつものバルジュー系ではないのか?
と思って時計を(軽く)振ってみれば
いつものローターがグルグル回り続ける感触・・・

ということでどうやらオメガさん、
遂にコラムホイール式にモディファイした7750系を導入したご様子、
という事のようであります。

コラムホイール式7750といえば
私的には去年シチズンさんの傘下に入った
ラジュー・ペレさんのムーブメントを思い出しますが

スウォッチグループがそうそう他から
ムーブメントを買うはずも無く、

きっと先行して販売されているロンジンさんの
コラムホイール・クロノが積んだムーブメントが
元になっているに違いない、
と推測するのであります。

と、スピマスファンはコラムホイール式とカム式という言葉に
過剰に反応する性質があるのでありまして
どうもこの辺りの話が長くなってしまうのが弱点なのです。

ということでフリースプラングにシリコンヒゲにコアークシャル、
こんな脱進機が定価42万円の時計に搭載されてしまう。

それだけ確固たる量産体勢が確立した、ということでしょうし、
これを成し遂げる為に大変なご苦労もあった事でしょうが
こんなに安くていいのか、と余計な心配をしてしまうのです。

もちろん、安いに越した事は無いですし、
そもそも私にとって42万円は決して小額とは言えない訳ですが

とにもかくにも故ジョージ・ダニエルズ博士の偉業に
シリコン製部品加工の先端という
素晴らしい付加価値が陳腐化してしまうことを
早めてしまう事になりはしないか

と余計な心配をしてしまうのであります。

ともあれ、こうして姿を現した新しいスピマス。

新しい時計ファンや若い時計ファンに対する
訴求力は相当なものがあるに違いなく、

スピマスの世界がここにまた激しく広がった。

とひとり頷く私でした。



オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.06.001

オメガ スピードマスター
レーシング
326.30.40.50.06.001


オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.03.001

オメガ スピードマスター
レーシング
326.30.40.50.03.001


オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.04.001

オメガ スピードマスター
レーシング
326.30.40.50.04.001
関連記事


テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

私もスピマスと言えば、手巻きのプロフェッショナルしか頭に浮かんでこない様な人間なので、オートマチックの方は全然食指が動かないのですが、現在のオートマは以前より進化(?)しているんですね?

確か以前雑誌で、「ETAがロンジンの為だけに造ったムーブメント」なんて文言でピラーホイール式の7750を紹介されてたのを思い出しました。

「ロンジンの為だけなんて絶対有り得無いよなぁ。」と思ってはいましたが、とうとうスウォッチグループの売れ筋ラインに載っけてきた訳ですね?

No title

なんか・・・、オメガ、大きな底上げですね・・・。(^^;)

もう、なんでもあり・・・。 これはコスパがすごいですね・・・。

ただ、こういったことを普通に買う人にはわからないと思うので、
時計を売られる方の心労も察するに余りあります。(;_;)

みつぼんさん

随分と凄い強化ですよねw
何といっても3210.50は恐ろしく売れる時計な訳で
¥74,000の価格差で外装もムーブメントも
激しくスペックアップされたこの新商品、
こちらを選ぶ人が今後増えてきそうな気がします。

ちなみにブレスも新型の両サイドにネジがついているタイプです。

ばけねこさんへ

いつもありがとうございます。

そうなんです、どう考えてもマニア向けとは思えないこのモデルに
過剰なスペックアップではないかと・・・w

確かに興味のない買い手にコラムホイールだ、
シリコンヒゲだとか言ってもうるさいだけでしょうが、

ボタンの押し心地は過剰なまでに快適ですし
メンテナンスのインターバルは倍以上になったわけですし
磁気にも強くなった訳ですし、
そして文字盤もケースもブレスも、
間違いなく質感がアップしている訳で

ダイヤルデザインさえ気に入るなら
もはや旧モデルを買う理由がないですね!
何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
11位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。