スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆様へお知らせなのであります。

突然ではございますが
当ブログは装いも新たに、
等と言うような華やかなものではありませんが
取り急ぎ以下のアドレスへ移動するのでありまして、
このブログはどうなるのかと言いますと
取り急ぎこのままにしておくのでありますが、
ひとまずその新しいアドレスはこちらなのです。

http://wakmanndiver.blog.jp/

ということで相変わらずマイペースで
一方的に情報とも言えないようなものを
だらだらと綴るような事しか出来ないのでしょうが

これまでこのブログでお世話になった皆様、
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

腕時計選びの秘孔 管理人
スポンサーサイト


私はどの時計を買えばいいのでしょうか?という質問(爆)

iwc259.jpg


またしても激しく久しぶりながら、
以前書き始めてやはり結論をつけることは不可能と
途中で棄権してしまっていた記事を管理画面にて発見、
これを救出すべく、久々に立ち上がってみたのです。

今回も不時着に終わる可能性が85%以上はあると思われますが、
取り急ぎ思い立ったらやってみよう、

ということで本題です。


意外に思う人も多いことと思いますが、
時計などを売っておりますと、
表題の質問を受けることが多々有ります。

時計を買っておこうと思うけど
時計は随分と沢山色々なメーカーがあるし、
安いのも有れば高いのも有る。

革ベルト付きも有るしブレスレット付きも有る。
黒いのも有れば白いのも有る。
・・・

値段の割に良いものも有るだろうし、
値段の割りに良くないものも有るに違いない。

しかしそんなものを見抜くには研究が必要だ。
でも面倒だし、そんな時間も無い。

それならばいっその事、
分かりそうな人に聞いてみよう。。。

確かに余りにも真っ当な思考過程の上に
アウトプットされていると思います。

変な意味や、
ましてや嫌味などではなく、
確かに分かる人、または分かりそうな人に聞く、
これは正しいと思います。

しかし聞かれた方はやはり答えに詰まるのです。

それは何故か?

そうなのです。

私はこのブログにおいても繰り返し申し上げてしまっている通り、
機械式時計の用途は道楽を主とすべきであり、
少なくとも時間を間違えては本当に困るときに
頼るべき相手ではない、

要するに機械式時計に関して申し上げれば、
実用品であって実用品ではない。
と思うからなのです。

おっと、これではまだ答えに詰まる理由になっていないですね。

機械式時計は誰がどう言おうがパーフェクトではない、
パーフェクトでないからこそ面白い、
それ故に色々な個性が有ったり無かったりする訳で、

どんなに高価な時計だって、
そしてもちろんどんなに安価な時計だって
全てを備えている時計は残念ながら存在しない、
そんな在り来たりな答えに帰着してしまうのであります。

だからきっと、
何を優先したいか、
どんなものを求めているか、

これについては人それぞれでしょうし、
異なっていて当たり前だと思うのです。

しかしこれがまた困ったことに、
「時計に何を求めますか?」
等と聞き返したとして、

そんな事をちゃんと答えられるなら
そんな余りにも漠然とした問いかけなどする筈も無く、
やはり話は長く、取り留めの無いものとなっていく・・・

苦し紛れにロレックスオイスターの話をしてみると、
ロレックスは成金みたい(!)で嫌だ、
スピマス・デイトを見せてみると、
ごちゃごちゃしたのは嫌だ(!!)、
グランドセイコーを見せれば、
、、、、(!!!)、、、

時計は自分が気に入ればそれが一番、
TPOというものは無視できませんが、
本来は自分さえ楽しければそれで良い。

ということで、
今日のところは時計は自分で選びましょう、
と変に突き放したような結論に
結局不時着してしまう私でした。





そもそも機械式時計とは・・・

1280px-Alarm_Clock_Balance_Wheel.jpg
A photo from "http://en.wikipedia.org/wiki/Balance_wheel"



と、いうことで、

ブログたるもの、週に2回は更新しましょう、
なんてどこかに書いてあったような気がしますが、

最近のこのブログは月刊状態なのでありまして、
しかし月刊と呼ぶには一回の更新内容が
あまりにも貧弱なのでありまして、

すなわちこれではいかんわけですが、
兎にも角にもぼちぼちになってしまっていても兎に角続けていけば、
いや、何がどうであれ続けていくことが大事、

なのかどうか全く分かりませんが、
取り急ぎそんなことで引っかかっていても仕方ないので
本題です。


他の多くのことも同じなのかもしれませんが、
時計というものは知れば知る程、
自分の無知を思い知らされるのでありまして、

ある日突然、
結局自分は何も知らないのと同じなのかも知れない、
いやそうに違いない。

なんて悟ってしまったような、
そんな気になってしまうことがあるのです。

しかしながらやはり、
今まで学んできたことが無意味であるはずはない、
と信じたいのが人情というものなのでありまして、

ここはひとつ冷静に、と、
原点回帰的「そもそも論」の展開を試みるのです。

しかしながらこのような心掛けでは
いつもの駄文に帰着するのがオチのような気がしてなりませんが、

あまりに酷すぎる場合は公開しなければ良いではないか、
と、極気軽に始めて見るのです。


そもそも機械式時計というものは、
テンプという、ヒゲゼンマイの付いた輪っかが生み出す、
「等時性」という不思議なものを利用して時間を刻むように出来ているのです。

そうなのです、テンプというものは、
ガリレオ・ガリレイが晩年に発見したとされる、
等時性を持つ「振り子」をよりコンパクトなものとしたのでありまして、

これは確か中学生の時に理科の教科書に出てきた
クリスティアーン・ホイヘンスさんが発明したと言われています。

これは確か18世紀の事だったような、と思いつつ、
改めてウィキペディアにて調べてみれば、
これが何と1675年の事だったらしく、

そして現代の機械式時計が搭載しているテンプと
ホイヘンスさんが発明したテンプとは
素材は違えど原理的には全く同じものなのでありまして、

こんなものを340年後の今でも真剣に作っているとは、
機械式時計とそれを取り巻く人々というものはどれだけ呑気なのか、
なんて失礼にもついつい思ってしまうのでありまして、

こんな古めかしいものを頼りに時間を刻む機械式時計が
21世紀の現代においてその本来の絶対的な信頼性について語るべきなのかについては

やはり仰け反り過ぎてひっくり返ってしまうほどの勢いで
「ノー」と言うべきなのでありましょう。

しかしながらもちろん、
だからこその楽しさがそこに確実に存在するから
私もこうしてしつこく時計に携わっていることに違いはないのですが。

1969年に売り出されたクオーツ時計というものは、
登場すべくして登場したのであり、

その後これに備わった数々の補正機能は、
とうの昔に寸分狂わぬ時計を実現してしまっているのであります。

そしてこれから先の近い未来、
現在の携帯電話と同じ位に
スマートウォッチが本当に世間に認められる時が来るとすれば、

単に時間を知るための道具を手首に載せて居られる程
人々は悠長ではいられなくなってしまうかもしれない。

なんてやっていたら
毎度の事ながら何が言いたかったのか分からなくなって来ましたが、

340年前に発明されたテンプが時を刻み、
その動きを伝達するのは歯車の列なわけで、

歯車が正常に噛み合って動力を伝達するには
適度な「アソビ」が必要だったりもするのであり、
そのアソビは時として、針の動きをルーズにするのです。

そんな古典的な機械式時計が指し示す時刻というものは
大体これ位、と捉えてあげるしか無いのは明らかなのです。

せっかく高価な時計を買ったんだからと
機械式時計にやたらとパーフェクトな作動を求めようとする人が後を絶ちませんが

そんなことに目くじらを立てていては
いつまで経っても時計と仲良くなんて出来っこないのです。

と、今回も胴体着陸してしまった私を
どうぞお許しください。。。

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

ということでマスターコーアクシャル。

om630.jpg

オメガ シーマスター 300
マスター コーアクシャル
Ref. 233.30.41.21.01.001




いやはやいやはや、
気が付けばまたしても困った広告達に
我がブログがやられてしまっているではないですか。

年末年始がバタバタするのは当たり前、
そんな中でいろいろなことを気にかけつつ、

ちゃんと対応していけるだけの能力が
私に備わっていないのが…


なんてここで反省していても仕方ないので
一方的に本題に突入してしまう私を、
どうぞお許しください。


ということで、
前回私はまたしょうもないことに、

このシーマスター300 マスターコーアクシャルという時計をつかまえて
ひたすらにかっこいい、カッコイイ、と書き倒したような気がするのですが、

この外装だけでも結構楽しい時計の、
ムーブメントについて触れない訳にはいくまい、

続きを読む



テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

遂に出た、オメガ シーマスター 300 マスターコーアクシャル!

om630.jpg

オメガ シーマスター 300
マスター コーアクシャル
Ref. 233.30.41.21.01.001




そうなのです。

先日私もやっと
どうやら今年春のバーゼルワールドにて
それこそシードゥエラー4000以上に話題を集めた
(に違いないと私は思っている)
シーマスター300 マスターコーアクシャルの
現物を手にする機会を得たのです。

ということで、
せっかく現物を拝めたのだから、
このモデルのオリジナルに並ならぬ思い入れを持つ私的に、
思うところをずるずると書いてみよう、

続きを読む



テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

何故かこんなところに月齢表示。
プロフィール

wakmanndiver

Author:wakmanndiver
大学で物理の学位を所得後、フロムAを片手に何となく入った時計業界。
以来、ジャンルにとらわれずありとあらゆる時計の小売、卸売、オリジナルやOEM等の企画提案、そして扱ってきた時計の商品説明、取説などを必要に迫られて色々と書いているうちに時計の蘊蓄が異様に溜まっている事に気付いて覆面ライターと化し、異業種の企業に時計について語れ、などと呼んでもらったりしていたら、気付けばカードフォルダの中の名刺達はその9割がアパレル関連の方達のものだったりして、自身、時計よりも英国靴の方が好きだったりもする、きっと珍しい時計人。

ご意見、ご質問、ご報告、ご連絡、ご相談 他
下のメールフォームからお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
応援宜しくお願いします。。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
6位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ユーザータグ

機械式時計 現行時計 時計選び クロノグラフ アンティーク 時計史 オメガ ダイバーウォッチ トラブル スピードマスター パイロットウォッチ ミリタリー シーマスター ロレックス ストラップ 軍用時計 国産時計 NATO クロノス エクスプローラー コストパフォーマンス 時計のトラブル スポーツモデル 保証 メーカーサービス プレミア ワールドタイム ミリタリーウォッチ カレラ ハイテク時計 コンプリケーション クオーツ時計 コーアクシャル パネライ 限定 GPS セイコー5 ナビタイマー イベント ムーブメント 構造 時計史 クロノス ブレゲ 

Chronos
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。